白を基調とした清潔感あふれる空間で、デザイン性・機能性に優れたRESTROOM ITEM01の小便器や多機能トイレを設置するなど、富山を代表する北陸新幹線の駅にふさわしい上質な快適性を実現したパブリックトイレとなっている。

建築概要

所在地 富山県富山市明倫町
施主 独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構
設計 ジェイアール西日本コンサルタンツ株式会社
施工 <建築>鹿島・佐藤・大鉄・日本海建興特定建設工事共同企業体
<設備>鈴木工業株式会社
竣工年月 2015年3月

特長

施設の概要

北陸新幹線の開業に伴い新駅舎が建設された富山駅。地元に愛される駅を目指して、「立山をあおぎ 心ときめく 光の舞台」というデザインコンセプトに基づき計画され、光に満ち溢れた明るく開放的な新駅舎が完成した。富山の玄関駅ということもあり、立山杉の木立のたたずまいと雪の立山連峰をイメージした外観となっている。

トイレの特長

小さなお子様連れに配慮して、男女トイレのすべての大便器ブースにベビーチェアを備えている。洗面コーナーでは、1ヶ所の洗面器をお子様が使いやすい高さに設置。また、女性トイレには、幼児用小便器を備えたキッズコーナーが設けられている。多機能トイレの機能分散化を図るため、多機能トイレとは別に、パウチ・しびん洗浄水洗栓付背もたれやベビーチェア、フィッティングボードを備えた簡易多機能トイレを男女トイレに設置している。 白を基調とした清潔感あふれる空間で、デザイン性・機能性に優れたRESTROOM ITEM 01の小便器や多機能トイレを採用するなど、富山を代表する北陸新幹線の駅にふさわしい上質な快適性を実現したパブリックトイレとなっている。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE